自分に合う歯医者を見つけよう

>

できるだけ歯を抜かない

すぐ抜くのは間違っている

虫歯の治療をする時は、歯を抜くイメージを抱いている人が見られます。
それは間違いではありませんが、悪化した場合の最終手段だと思ってください。
初期の虫歯だったら、患部だけを削って治療できます。
すると歯に負担を与えず、周囲の歯や神経を守れます。
詳しく歯の状態を見ないで、いきなり歯を抜く歯医者は間違っているので利用しないでください。

日曜日に治療ができる部分は嬉しいですが、方法が間違っていたら意味がありません。
周囲の歯にダメージを与え、今度はそこが病気になるリスクがあります。
このように、いつまで経っても治療が終わらない悪循環に陥ると覚えておきましょう。
行きたい歯医者が決まったら、サイトで治療方針をチェックしてください。

症状の説明を聞こう

何が原因で症状が起こっているのか、これからどのような治療が行われるのか詳しく説明してくれる歯医者は安心感があります。
何をされるのかわからないと、不安を抱くでしょう。
正しく口内を治療するためには、医師と信頼関係を築くことが大事です。
ですから、きちんと説明を受けてください。
この時に難しい言葉を使わず、簡単な言葉で説明してくれる医師がベストです。

しかしこちらは素人なので、説明を1回聞いただけではわからないかもしれません。
その際は遠慮せず、医師に質問しましょう。
優しくて優秀な医師だったら質問に答えてくれますし、こちらが全てわかった状態で治療を進めてくれます。
信頼関係を築くため、たくさんコミュニケーションを取りましょう。


この記事をシェアする

このページのトップへ